豊玉魂子

豊玉姫について感じるとき、

 

ほぼ恐竜に近い爬虫類の視線が私を見ている気がする。

 

瞼を持たないが故に、

 

その存在は、

 

瞬きをしない。

 

私がほんの僅か瞬きをして、

 

目を閉じる瞬間も、

 

そのものは、私を捉え続けている。

 

 

 

豊玉魂子は、新しい「種」であり、

 

タマゴの中で進化する。

 

常識を超え、

 

人である事も超え、

 

魂子は次の時代に耐えうるものを

 

産み出す。

 

この絵を守りとして、

 

深海に沈むわが心が産み出すモノに形を与え、

 

命を吹き込み、

 

陸に上げよ。

 

 

size 縦11・5㎝ 横8・5㎝

 

30000円

 

 

 

 

 

 

 

 

キクリヒメサイズ 33×23・5  

43,000円→ 販売終了しました

目に前に現れた橋を渡る。その向こうに立っているのは、キクリヒメ大切に守ってきた心を差し出し、それを深い裂け目とヒメは落とすその音で行く先を決めて、ヒメは行き先を指さす。空っぽになったまま、私たちは歩き出す。完全に死すれば、蘇るでしょう。何も信じる必要はなく、何も恐れる事もない。今、そうすべき全ての人へ・・・・。

 

星々と願い

サイズ 33×23・5

38000円

太古の昔、人間が洞窟に描いた絵のような作品を制作しました。

生きていたい。

ただそれだけの望み。

私の絵は、人も動物も植物もみんな同じ重さで描かれています。